Home

Tw737 460 ドライバー 試打

フェアウェイウッドは1本だけ借りしました。“TW737 FWc“のロフト15度、シャフトは“VIZARD EX-A”の硬度はSです。フォルムはヘッドが小さくて、ちょうど良い感じでした。スプーン好きにはたまらないフォルムです。 日本オープンの練習日に松山英樹プロが使用したいということで、このヘッドを持っていったと現地で取材していた記者から聞きました。 重心ウェイトは真ん中ですが、このスプーンは振るととてもバランスが良いのです。フェースの向きが好きなようにスイング中に動かせるような気になります。 打ってみると、直進性が高く、大きく曲げるのには向きませんが、ボールの高さも打ち分けられたり、想像以上に良かったです。ボールを上げやすいスプーンで、飛距離は210ヤード前後で飛ぶスプーンの範疇に入ります。 なんといっても、数球打っただけで、構えてイメージが出せるようになったので、かなり好感触でした。 ユーティリティーはロフト設定が気になったので、試打してみようとリクエストしました。“TW737 UTc“は、ロフト16度と19度の2本を試打しました。シャフトは“VIZARD IB-U 85”の硬度はSです。シャフトは85gで僕が使用しているクラブと同じ重さのシャフトでした。 これが予想したものと全然違って、感動するぐらい良かったのです。 “TW737 UTc“は、16度の設定があることが魅力ですけど、ロフトなりに飛びました。また弾道が高く、驚異的な直進性でした。かなり強く曲げようとしないと曲がりません。19度のほうも同じです。 僕は攻撃的で色々な球筋が打てるユーティリティーが好みですが、このクラブは本当にグッときました。通常使うときに気を遣わずに、スッと合わせて構えれば、その方向に必要な距離が打てるのは魅力的です。フェアウェイウッドもユーティリティーも、コンパクトなタイプを試打しました。普通のタイプのものがそれぞれ出ていますので、一般的にはそちらのほうが良い結果が出ると推測します。 コンパクトなタイプのフェアウェイウッドとユーティリティーは男子プロゴルファーのリクエストを形にしたもので、普通のタイプのほうは女子プロゴルファーのリクエストで作ったものだとのことでした。過去の同じような傾向のクラブの場合、コンパクトなものはプロの意向を入れすぎて癖が出すぎていて、惹かれる機能があっ. どうもまさです。 今日の試打インプレッションは本間ゴルフ「tw737 455」ドライバーでございます。 このヘッドは道具には一切妥協せず、納得しないクラブはたとえ契約メーカーであっても使用しない岩田寛プロが最高だと唸ったドライバーです。. ドライバーは4モデル、アイアンで4モデルの計8モデルを一気打ち! ラウンド後の試打だったので、結構しんどかったかもw 何はともあれ、ガッツリいきます。まずは、ドライバーからですが、トップはtw727 460(以下460)からいっていましょう。. これはなかなかハードな試打ですな! まずはドライバーからですが、「TW737」シリーズはヘッド体積で460cm3から5cm3刻みで445cm3までの4タイプをラインアップしています。まずは、最大体積の「TW737 460」(以下460)からいってみましょう!

5インチ、シャフトの硬度はSでしたが、“TW737 445”(体積457cc)には“VIZARD EX-Z”という手元調子の粘り系シャフト、“TW737 450”(体積450cc)、“TW737 455”(456cc)には“VIZARD EX-C”という癖がないタイミングがとりやすいシャフト、“TW737 460”(体積460cc)には“VIZARD EX-A”という中調子で弾き系のシャフトが装着されていました。 いずれのシャフトも、真ん中辺りが細めになっていてシャープな印象を持ちました。プロの要望で開発したと聞きましたが、繊細でデリケートなシャフトなのかと思いましたが、むしろ、無骨でしっかりしているシャフトでした。 ヘッドは見た目ではほとんど変わりがなく、ソールの重心ウェイトだけが若干違う感じでしたけど、こちらも打ってみるとかなり個性がはっきりと出て驚きました。ミスヒットに強いことや打音が日本人が好む短く低い音であることなどの共通点は、ある意味で、今風のドライバーなのです。しかし、その中で、微調整が見事にしてあって、それがちゃんと弾道に現れるのです。 4種類共に左には行きづらいドライバーで、ボールの高さも良い感じでした。それぞれに飛ぶ部類に入るドライバーで飛距離を犠牲にはしていません。 “TW737 445”です。重心深度がフェース寄りで、4種類の中では一番面長なフォルムになっています。とはいえ、この程度のフォルムであれば、メーカーによっては丸型という紹介になる可能性もあるほど落ち着くヘッドです。構えてみると、スッと狙い通りにセットしやすかったです。 打ってみて驚きました。4種類の中では最もギア効果が強く出ます。 ギア効果というのは、トウ側に当たったボールは右に飛びだしてドローで戻ってきて、ヒール側に当たったボールは左に飛んでフェードして戻ってくる現象のことです。中空の金属ヘッドは、フェースのバルジ(膨らみのこと)も小さいのでギア効果を感じないものが多いですけど、“TW737 445”はハッキリと感じます。 左に行かないように作ってあるという傾向は、このドラ. 5 ★ヘッド体積 450cc ★シャフト VIZARD EX-A (R/SR/S/X) VIZARD EX-C (R/SR/S/X) VIZARD EX-Z (R/SR/S/X) ★金額 1本/80,000円+税. ホンマのツアーワールドTW737シリーズには、4種類のドライバーがあります。445(457cc)洋梨型、450(450cc)ハイバック、455(456cc)丸型、460(460cc)大型シャローバック と、ヘッドの大きさ≠商品名 なんですね。. ホンマ ツアーワールド TW737 455 ドライバーについて試打評価したいと思います。 試打スペック ロフト 9.5° シャフト 純正カーボン VIZARD EX-A65(S). tw737 450ドライバー. 本間ゴルフから発売のTW747 460ドライバーについて、製品の特徴、試打の感想・評価を取り上げます。 TW747ドライバーはヘッドサイズが2種類ある! TW747 460ドライバー TW747 460ドライバーの基本スペックデータ TW747 460ドライバーの試打と評価--マーク金井氏 TW747 460ドライバーのシャフト VIZARD FOR TW747. 今日は、このゴルフクラブを試打しました。 試打クラブは ホンマ tour world tw747 460 ドライバー です。 シャフトは vizard です。 ロフトは10.5度、クラブ長さは45.25インチ です。 久しぶりに出会った、ホンマのドライバーです。.

今回、本間ゴルフの中でも人気の高いtour world tw737 455 ドライバーを試打してみたのでレポートしていきたいと思います。 本ドライバーアスリートモデルとなりますが、ヘッド体積も456ccと大きめで優しさを感じさせるデザインとなっています。. 試打した『tw747 460 ドライバー』のシャフトも合っていたのだと思います。 シャフトのバリエーションが多いので、自分に合ったものを選べるところもこのドライバーの魅力です。. 契約プロが世界的に活躍する本間ゴルフ。山形県酒田市の自社工場で作られるクラブには、日本はもとよりアジア圏でも高い人気があります. 本間ゴルフ契約のジャスティン・ローズ(イングランド)が使用する「tw747 460 ドライバー」。2種類あるtw747シリーズの中でも、やさしいとされるモデル(もうひとつは「tw747 455 ドライ. 現代のクラブ作りは、開発者のアイディアや新しい技術を盛り込んだプロダクトアウトが主流。しかし、今回の「ツアーワールド TW737」は、徹底してプロとの対話にこだわり、そのニーズから生まれたドライバー。ツアーで戦うトッププロが求める機能を4機種すべてに感じることが出来る。 プロ好みのバランスの良さを感じる「450」と「455」。低スピン性能に優れ、ハマれば大きく飛ばせそうな「445」と「460」。私自身は、「450」のヘッドに、中央部に剛性感のある「ヴィザード EX-C」シャフトとの組み合わせで非常に良い結果を得た。しかし、そんな先入観を捨てて、ヘッドとシャフトを選定してもらいたい。 tw737 460 ドライバー 試打 tw737 460 ドライバー 試打 対象ゴルファーは、ある程度、ヘッドスピードがある上達志向のゴルファー。ターゲットを絞った中で、これだけ際立った個性を持つ4モデルを打ち出してきたのは驚きだ。自分のスウィングに合うヘッドを選べば、大きなパフォーマンスの向上が得られるはずだ。. ビッグバーサ ドライバー(年モデル)G425 LST ドライバーを西川みさとが試打「LSTなのにやさしい」本間ゴルフ「ツアーワールド GS シリーズ」年1月発売. “TOUR WORLD TW737”には、“TW737 445”、“TW737 450”、“TW737 455”、“TW737 460”の4種類があります。 試打クラブは全てロフト9.

※迷惑メール対策などでドメイン指定受信を設定されている方は、 「info@stras. HONMA ツアーワールド TW737 460ドライバーを試打しました。4種類の中で一番やさしさを追求したこのモデルはツアープロも使用中だが、どんなスペックなのか評価と感想をレビューします。 目. 本間ゴルフ TW737 450ドライバー の口コミならmy caddie(マイキャディ)。ゴルフ用品・ゴルフクラブの口コミ・評価サイトです。自分のゴルフ用品・ゴルフクラブの管理はもちろん、ゴルフ場のラウンド日記としてもご利用いただけます。.

gdo編集部ミヤgとゴルフライターのツルさんが、シャフトを回さずに弾道調整できる本間ゴルフ「tw747 460 ドライバー」を試打して、2人のマイクラブとデータ比較しちゃいます!. See full list on golfdigest-minna. jp」からメールを受信出来る様に設定して. ホンマの tw737シリーズのドライバーです。ホンマのtw737シリーズは、4種類のドライバーがあり、445、450、455、460となります。この中の445と455はやや洋ナシ形で、450と460は、丸型です。 まず、、、450を打ってみました。. 実はアイアンから.

今日の試打インプレッションは「tw737 460」ドライバーです。 このドライバーはツアーワールドシリーズの中では一番投影面積の大きいモデルでございます。 しかし、このモデルが前作tw727から大幅に改良された点があり、それは重心位置!. 本間ゴルフTW737 460ドライバーとTW737 445ドライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー. 試打クラブはTW737 460ccのドライバーと445ccのドライバーが有ったので試打させてもらいました。 まずは460からです。シャフトは両方ともEX-Aの65g、Sフレックスになります。. 2年連続賞金女王のイ・ボミをはじめ、このところ契約プロの活躍が著しい本間ゴルフ。山形県酒田市の自社工場による生産体制と手厚いプロサポートによって、内外のプロたちが結果を出し、それがメーカーとしての存在感を高めている。 そんな本間ゴルフの最新シリーズ「ツアーワールド TW737」は、ドライバーだけで4機種がラインナップされている。モデル名は、それぞれ「445」、「450」、「455」、「460」。ヘッドの大きさが5ccづつ違うのかと思いきや、そうではないらしい。ソールのデザインも酷似したこの4モデル、一体何が違うのか。 その鍵となるのが、契約プロたちのニーズ。歴代のモデルに加え、プロたちの要望から生まれた膨大な数のプロトタイプを厳選し、より優れたモデルを進化させて誕生したのが、この4モデルなのだ。. ローズも選んだ1W、性能のほどはいかに!? 本間ゴルフ契約のジャスティン・ローズ(イングランド)が使用する「TW747 460 ドライバー」。2種類あるTW747シリーズの中でも、やさしいとされるモデル(もうひとつは「TW747 455 ドライバー」)だが、その性能は果たして. See full list on golfes.

鈴木です。一回飛ばして、再び本間ゴルフのドライバーです。本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 455 ドライバーです。前回の460との比較になります。このモデルは、直進性を安定させるモデルだそうです。つまり、曲がりにくいというわけですね。. 「445」は、女子プロに多いインサイド・アッパー軌道のドローボールを打って飛ばすスイングに合うヘッド。左にいきにくく、浅重心による強い弾道で飛距離を稼ぐモデル。 「450」は、イ・ボミが愛用するヘッドをベースにした、操作性の高いヘッド。構えやすさ振りやすさにもこだわった総合点の高いドライバーに仕上がっている。 「455」は、ややシャローで重心も深めの現代風のヘッド。谷原秀人の意見が多く採用され、弾道は高めで、ミスヒットにも寛容な、幅広いゴルファーに対応するモデルだ。 「460」は、投影面積が大きく、シャローヘッドで高弾道の大きなキャリーボールをイメージできるクラブ。ポイントは、見た目とは異なり、重心位置を浅めに設定していること。低スピン性能が高く、放物線軌道で距離を稼ぐことができる。. 「ツアーワールド TW737」に興味を持ち、4モデルを熱心に試打していたのが、パーシモン時代からのゴルフを愛する渡邉泰典さん(46歳・平均スコア80前半)。現代の大型ヘッドドライバーは、合う合わないがはっきりと出るという。 「『445』は低く凄く強い球になります。私にはもう少し高さがほしいですね。『450』は、右に打ち出していいドローで戻ってくる、操作性の良さを感じます。最も気に入ったのは、『455』です。どのモデルも打感がいいのですが、特にこのヘッドはフェースのつぶれ感が心地よく、インパクトでひと押ししてくれる感触があります。『460』も違和感はなく、結果が安定しますね。」(渡邉さん). 本間ゴルフ TW737 460ドライバー の口コミならmy caddie(マイキャディ)。ゴルフ用品・ゴルフクラブの口コミ・評価サイトです。自分のゴルフ用品・ゴルフクラブの管理はもちろん、ゴルフ場のラウンド日記としてもご利用いただけます。. 鈴木です。昨年後半は、いろいろなメーカーが新しいドライバーを出しましたね。今回はその中の一つ。本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 460 ドライバーです。今回のTOUR WORLDシリーズは、4種類のドライバーがあります。試打クラブがあったのは460と455だけだったので、今回は460のインプレッションです。. tw737 460 ドライバー 試打 本間ゴルフ tw747 460ドライバーの試打・評価・感想 投稿日:年5月8日 更新日: 年5月22日 tw737 460 ドライバー 試打 本間ゴルフから発売されているTW747 460ドライバーについて取り上げます。. まずはドライバーから試打していきましょう。 ドライバーは今どきのモデルらしく2種類のヘッドが用意されています。 適度なつかまり性能とロースピン性能を持つ「TW747 460(以下460)」と、つかまり性能は控えめでロースピン性能を持たせた「TW747 455. ホンマ ツアーワールド TW737 460 ドライバーについて試打評価したいと思います。 試打スペック ロフト 9.5° シャフト 純正カーボンVIZARD EX-A65(S).

5 ★ヘッド体積 456cc ★シャフト tw737 460 ドライバー 試打 VIZARD EX-A (R/SR/S/X) VIZARD EX-C (R/SR/S/X) VIZARD EX-Z (R/SR/S/X) tw737 460 ドライバー 試打 ★金額 1本/80,000円+税. 5 ★ヘッド体積 457cc ★シャフト VIZARD EX-A (R/SR/S/X) VIZARD EX-C (R/SR/S/X) VIZARD EX-Z (R/SR/S/X) ★金額 1本/80,000円+税. 本間ゴルフ「tw747 460 ドライバー」/11/16発売圧倒的な高弾道&低スピンでシンプルにどこまでも飛ばすことを実現。安心. ホンマtw737シリーズが10月に発売されますが、 ホンマ契約選手たちが ツアーで使用を開始しています。 このシリーズで最もヘッドが大きいtw737 460ドライバー。.

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は「tw737 460」に比較するとやや小さめで、ネック側が絞られて若干洋ナシ型を意識したような形状に感じました。 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「vizard ex-c65」s装着モデル。. !? 今回もヘッドスピード. 【ゴルフ試打】イ・ボミが使用している本間ゴルフ(HONMA、ホンマ)の「TOUR WORLD TW727 455」ドライバーを試打してみたぞ!感想・評価は?初心者向き?アスリート向き?飛距離はどのくらい?フックが出やすい. TW737 460ドライバーは、460ccの大型ヘッドでシャローヘッドとなっています。 一般にこの形状のドライバーはアベレージゴルファー向けに深重心となっていることが多いのですが、TW737 460ドライバーは超浅重心となっています。. “TW737”シリーズのドライバーで2番目に大きい457ccのヘッドの“TW737 445”は、福田真未プロ、森田遥プロ、永井花奈プロが使用予定です。ソールの黒いウェイトがかなりフェースよりについています。低スピンのボールを打つための構造になっているようです。.

試打クラブは honma tour world tw737 460 ドライバー です。 シャフトは VIZARD です。 ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスは65S、シャフト重量は65g、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は315gです。. 年1月21日(土)ゴルフ倶楽部大樹 瀬戸(愛知県) 0561-85-年1月28日(土)江坂ゴルフセンター(大阪府) 06-6385-年2月 4日(土)ロッテ葛西ゴルフ(東京都) 03-5658-5600 【参加メーカー】タイトリスト、ダンロップスポーツ、テーラーメイド、フォーティーン、ブリヂストンスポーツ、本間ゴルフ、ミズノ、ヤマハ 【時間】12時~16時 【費用】打席料やボール代は無料 写真/三木崇徳.